エアコンを取り付けるには

引っ越しなどの移動などで必要となるのがエアコンの取り外しと新居での取り付け工事。また、最近ではエアコン本体のみを量販店などで安くで購入し、取り付け工事のみ業者にお願いする方も多くいらっしゃいます。
エアコンの移設や取り付け工事費は業者によって違いがあります。まずはお見積もりを取ってどういうサービスをやっているか、よく内容をご確認ください。例えば配管は工事料金に入っているのか?配管の長さによって料金が変わるのか?室内機と室外機をつなげる配管を通す穴は空いているか?また、穴を空けるのに料金は発生するのか?など基本工事費を安く見積もって、オプション(追加工事費)を高く設定する業者もございます。
よく言われる標準工事とは一般的にエアコンの室内機と室外機が同じ階に設置され、ベランダ・庭などにはしごを使用せずに設置できる場合の工事を標準工事といわれます。その際、配管は何メートルまでと書かれていることがよくあります。例えば1階に室外機を置いて、室内機は2階に設置する場合など標準工事に含まれている配管の長さ以上の長さが必要となります。標準工事に含まれている長さ以上が追加料金となるわけです。取り付け工事はその現場によってまちまちなので、どこにエアコンを取り付けたいか、室外機はどのあたりに置くかなど設置にあたる状況の確認をあらかじめしておくと良いでしょう。